最新情報 ブログトップ
前の10件 | -

BS11で「復活」&「魔王」同時並行放送スタート! [最新情報]

 1_すれ違い.jpg

10142650.jpg 10142646.jpg 10243481.jpg

 

BS11で「復活」&「魔王」同時並行放送スタートという情報が入る!!

オム・テウンの出世作である「復活」とチュ・ジフンとオム・テウンがぶつかった究極の復讐劇「魔王」がBS11で立て続けに見ることが出来る。凄いっすね。お楽しみに! 

「復活」
11/2(日)よりスタート
毎週日曜日 20:00~21:00
HD放送 全25話 日本語字幕版

「魔王」
11/11(火)よりスタート
毎週火曜日 23:00~24:00
HD放送 全26話 日本語字幕版
-------------------------------


韓国ドラマ「魔王」関連の商品のまとめ [最新情報]

9832255.jpg

日本版魔王も最終回を迎えつつある中、今まで魔王を知らなかった人たちも韓国版魔王に感心を寄せてくれるようになりました。そんな皆様に魔王の関連商品をご紹介致します。 

■魔王DVD-BOXⅠ、Ⅱ 

http://www.so-net.ne.jp/uhmtaewoong/shop/maoudvd.html 

「魔王」公式ガイドブック 上、下巻:

相当細かい内容にまで踏み込んで解説している重量級のガイドブックである。かなりマニアックだが満足度は満点!

http://www.so-net.ne.jp/uhmtaewoong/shop/maou-book.html

「魔王」MAKING FILM DVDプレミアムBOX:

3時間近いメイキング映像で構成されているプレミアムBOX。内容の充実度は100%。付録のオム・テウンのDVD映像も嬉しい!

 http://www.so-net.ne.jp/uhmtaewoong/shop/maou-making.html


ひと目で分かる日本版「魔王」との演出の違い(1) [最新情報]

日本版「魔王」は韓国版とは違った演出が施されている。3話まで放送された魔王に関して、キャスティングを含めその違いをちょっと確認してみましょう。

10028603.jpg
9292907.jpg
第2話-3sm.jpeg

韓国版「魔王」でサイコメトラーのソ・ヘイン役(写真上)を演じていたシン・ミナは日本版では咲田しおり(22歳の設定)となり、16歳の小林涼子さんが演じている。また韓国版では聾話者の母親(写真下)と2人暮らしでクリスチャンという設定だったが、日本版では、仁科江里が経営しているカフェの2階に住んでいる設定に変わっている。 韓国版のカフェはタロットカフェでかなり怪しい雰囲気だったが、(写真下)、日本版では一般的なカフェとして登場している。咲田しおりの幼少時期に関しては、4話以降に登場するようだが、その時には母が登場するのだろうか? 

 

9699134.jpg

 

9292880.jpg
第2話-14sm.jpeg

韓国版でも日本版でも縫いぐるみを持っている女の子の名前は「ソラ」(写真下)という。彼女の母(写真上)は、韓国版では料理屋の店員だったが、日本版では芹沢栄作(石坂浩二)が経営するホテルの従業員となっている。ソラが行方不明になる件や発見の経緯は同じ。また金融屋の男を殺す手口や方法はオリジナルと同じである。


第2話-11sm.jpeg

オリジナル版の刑事、カン・オスの中学時代からの友人でチンピラのような人物であるキム・スンギは、日本版では芦沢直人の友人・宗田充という名前で忍成修吾氏が演じている。オリジナルではキム・スンギがある事件を起こし、その弁護をオ・スンハ弁護士が担当するという設定で拘置所で初めて会いその後のスンギの法廷シーンも登場するが、日本版では警察署での対面(実際の映像は出てこない)となり、法廷シーンはない。但し、宗田充が芦沢家にたかっている点や、直人の父、芦沢栄作の秘書である田中圭の自宅に予告もなく訪ねてくるシーンは同じ。

 

 

9296655.jpg

さて問題です。韓国版の弁護士オ・スンハは、日本版では大野智演じる成瀬領となっているが、成瀬が図書館に行き、咲田しおりと交わす会話の中にある花を見て「**が好きですか?」という会話がある。その花はなんだったでしょうか?①~④で選んでください。ちなみにオリジナルは「黄色の水仙(スイセン)」である。

①黄色の水仙 ②白い水仙 ③白いユリ ④黄色いユリ

(C)KBS JAPAN

 

(魔王完全版放送スケジュール)

http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/kd_SO0000000317.html

 

魔王 DVD-BOX 1

魔王 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD

魔王 DVD-BOX 2

魔王 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD

TBS版「魔王」第一話放送の反響は? [最新情報]

TBS版「魔王」第一話が放送された。視聴率が14%だったという情報もあるが、オリジナル「魔王」を見ていた皆様はどのような感想をお持ちだったでしょうか? 公式サイトの見解としては「面白かったんじゃない?」という感想です。公家(くげ)顔の大野さんとチュ・ジフン演じたシャープなスンハのイメージが上手く整合性が付くかどうかが一番心配でしたが、懸念を乗り越える演技や演出で払拭出来ていたと思います。リメイク版はオリジナルという乗り越えられない印象をハンデにしているので、なかなかファンに認めてもらうのが大変ですが、こうした点でもオリジナルストーリーの押さえるべき部分はキチンと押さえられていたと思います。

オリジナルと違うのが、弁護士の成瀬領が兄の復讐のために事件を首謀している点が第一話から明らかになっている点だろう。この点については賛否があると思うが、日本版制作陣最初からこの部分を明らかにしたという事は、ストーリーの核心を全く別の部分に託したのだと推察できる。それが何なのかは今後の展開を楽しみにしようと思う。オリジナルではオム・テウンが演じたカン・オスは、生田 斗真演じる芹沢直人となっていたが、オリジナルよりも荒くれ者の性格をよりハッキリ分かるように演出していたと見た。また特別出演の二宮君の登場は、後半への物語の暗示があると感じた。

ちょっと面白いなと思ったのが、弁護士の成瀬領の事務所の奥にある写真現像室の壁には、一面に復讐すべき相手の写真が貼られていたが、この風景は「復活」でオム・テウン演じるソ・ハウンがシンヒョクに成り代わって復讐を決行していた時に密かに使っていたマンションの一室の壁に貼られていた復讐相手の写真の演出感と同じだったという点である。日本版制作者が「復活」を見ていたかどうかは不明だが、「復活」ファンにはちょっと心をクスグル演出であった。オリジナル「魔王」に思い入れのある方はどうしても斜に構えて見てしまうかもしれないが、マッサラな気持ちで見ていれば日本版「魔王」は単純に楽しめるドラマだと思います。第二話以降も期待して見ようと思います。

 


TBS版「魔王」本日放送開始! 審判は下るのか!? [最新情報]

TBS版「魔王」が本日22時から放送開始する。日本版制作の発表以降、当公式サイトにも様々なご意見が寄せられたが、百聞は一見にしかず。とにかく気になるならちゃんと見よう!! 見た後のご意見については、当サイトでも構いませんが、実はテレビ番組専門ご意見サイトがある。それが「みんなのテレビ」である。また「みんなのテレビ」と連動したFMラジオ番組が登場し、つぶやきがFMラジオで紹介される可能性もあるようだ。それがbayfm78(千葉のFMラジオ局)で7月5日11時からスタートする新番組!「みんなのテレビ」である。この際色々書き込もう!! 

bayfm78!「みんなのテレビ」サイトhttp://blog.bayfm.jp/tsubu/ 

(みんなのテレビ:TBS版「魔王」へのつぶやきサイト)http://www.so-net.ne.jp/minnanotv/

行き方:トップページからページ左上のジャンルを見て「ドラマ」を押す。もしくは「魔王」と検索する。

(キーワードビジュアライザー:TBS版「魔王」に関連するキーワードが全部分かる不思議なサイト)

行き方:「魔王」ページに入ってから、右に見える「BKVテレビランキング」から魔王を選択する。

韓国ドラマはどうやって日本に来ているのか? 韓国ドラマバイヤーの世界を初めて描いたアジドラ・オリジナル小説「韓ドラ バイヤー」連載中!

01は以下で読めます。
http://ajidra749.blog.so-net.ne.jp/2008-06-27

02は以下で読めます。
http://ajidra749.blog.so-net.ne.jp/2008-06-30


nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

日本版「魔王」小林涼子さんの勝負服と人物関係 [最新情報]

TBS「魔王」公開制作発表で咲田しおり役の小林涼子さんが来た衣装について本人が解説!?
詳しくは小林涼子さんのブログをチェック!(既に大量のコメントが寄せられてます)

http://ryoko-kobayashi.blog.so-net.ne.jp/2008-06-27

今回の韓国版と日本版「魔王」の主要な役者さんの相関関係はこんな感じのようです。

役者名/役名:               
オム・テウン(カン・オス) → 生田斗真(芹沢直人)
チュ・ジフン(オ・スンハ) → 大野智(成瀬領)
シン・ミナ(ソ・ヘイン) → 小林涼子(咲田しおり)
チェ・ドクムン(カン・ヒス/オスの兄) → 劇団ひとり(芹沢典良)
チョン・ドンファン(カン・ドンヒョン/オス父) → 石坂浩二(芹沢栄作)
キム・ヨンジェ(ナ・ソクジン/ヒスの秘書) → 田中圭(葛西均)
ユン・ヘギョン(チェ・ナヒ/ヒスの妻) → 吉瀬美智子(芹沢麻里)
チュ・ジンモ(パク・チャンホ/捜査課チーフ) → 中西弘道(三宅祐司)

韓国版にはあった弁護士事務所の事務長役のキム・ギュチョル演じるチャ・グァンドゥや農場経営をしていたファン・スゴンなどの存在がどのような扱いなのかは不明。


日本版「魔王」の製作発表です(´∀`) [最新情報]

日本版「魔王」のヘイン役の女優さん「小林涼子さん」のブログが更新されました。記者会見に関する内容です。更新されて良かった!!(´∀`)。 いよいよ7月4日(金)放送開始ですね。

「小林涼子さん」のブログ
http://ryoko-kobayashi.blog.so-net.ne.jp/2008-06-26
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

日本版 「魔王」 クランクイン!! [最新情報]

日本版の「魔王」の撮影が始まったようだ。出演している女優さんの「小林涼子さん」のブログにその情報がアップされております。今後も撮影の情報が更新されるようですので、要チェックである。

(小林涼子さんの「魔王」 クランクイン情報のブログ)
http://ryoko-kobayashi.blog.so-net.ne.jp/2008-05-27
nice!(0)  コメント(1) 

日本版「魔王」のヘイン役の女優さんのブログ発見!! [最新情報]

日本版「魔王」のヘイン役の女優さんは「小林涼子さん」という方に決まったとのことです。なんと彼女はSo-netでブログをしており、この度そのブログを発見致しました。かなり沢山の方がご覧になっているようで、コメントが多い!。この機会に彼女の活動を皆で応援致しましょう。日本版「魔王」についてはどうやらビッグニュースがありそうだが、これはまた後日決定し、お知らせ出来る様になったらお伝え致しましょう。

(小林涼子さんのブログ)
http://ryoko-kobayashi.blog.so-net.ne.jp/
nice!(1)  コメント(0) 

地方局の地上波で「魔王」を楽しめるのはここだ! [最新情報]

現在「魔王」の地上波放送を楽しめるのは以下の放送局です。全26話版でハイビジョン放送ですので、お楽しみ下さい。詳しくは以下の各局のWEBをご参考にして下さい。

KBS京都放送
毎週金曜日
23:00~23:55
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/hanliu/archives/mao/#015012


三重テレビ
毎週火曜 夜8時から2話進行で放送(7/8まで)
http://www.mietv.com/maou/index.html

静岡第一テレビ
毎週月曜日深夜1時29分
http://www.tv-sdt.co.jp/

nice!(0)  コメント(7) 
前の10件 | - 最新情報 ブログトップ